環境への取り組み


*太陽光発電システム*

弊社岐阜工場の屋上に49.92kwhのソーラーパネルを設置し、
「オゼキ岐阜プチソーラー発電所」として稼動致しました。
年間56,000kwhの発電量でCO2の削減に貢献しています。




  *エネルギーリサイクル*

 オゼキ株式会社では、事業活動・製造段階で発生する廃棄物を最小限に抑え、環境にあたえる負担を減らす努力をしています。避けられず発生した繊維くず・プラスチック紙類の廃棄物はRDP(Refuse Paper & Plastic Fuel)化し、地球環境保護に取り組んでいます。
   
 RDPとは主に産業系廃棄物のうち、マテリアルリサイクルが困難な分別されていない古紙および廃プラスチックを原料とした高品位の固形燃料のことです。RDPは石炭やコークス等化石燃料の代替として大手製紙会社や製鉄会社、石灰会社などで有効利用されています。

 環境にあたえる負担を減らすこと、それは社会が抱える緊急課題です。オゼキ株式会社はエネルギーリサイクルにより、資源の循環型経済社会の構築に貢献します。